It's my melodyいつか君の夢 かなえるために 今日を生きているよ 忘れないで
すべてのこと 今 思いのままに そして きっと明日のために

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
「代々木公園」 09:52













| photo | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和栗卓也
「明治神宮」 21:05
 去る11月13日、明治神宮を訪れた時の写真です。



 この時、初めて参道とは違う道を歩いてみました。当初、「永遠の森」を目指し造られた、という意味が伝わってくる「静寂さ」がそこにはありました。






 ちょうどこの日は「七五三」のお祝いで、晴れ着のお子さんとお母さんの姿がありました。可愛かったのでつい一枚。



 明治神宮がこんなに素敵な場所だったなんて今まで気づかなかったです。これからはちょくちょくと足を運んでみたいなと思っています。


| photo | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和栗卓也
威風堂々 part2 23:59
 以前、自分が撮ったある一枚の写真に「威風堂々」というタイトルを付けたことがありました。今回、再度同じロケーションで数枚の写真を撮ってきました。僕はこのオブジェがとても好きです。











| photo | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和栗卓也
「下鴨神社」 〜 西方見聞録 vol.17 00:35
 しばらく続いた「西方見聞録」も今回で最終回。最後は世界遺産「下鴨神社」です。



 正式には「賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)」。奈良時代以前から朝廷の崇敬を受けていたというだけあって境内に入り込んだ時に感じたその空気は身も心も一瞬にして別の世界へと誘います。



 


 日本国国歌「君が代」に出てくる「さざれ石」。「古今和歌集」にも詠まれた神霊が宿る「さざれ石」の伝説では、年とともに大きく成長し、いつか岩になると語られています。



 お正月の神事で神事芸能が奉納される社殿「橋殿」。僕はどうも無意識の内に“ステージ”を撮影してることが多いみたい。



 神戸、大阪、奈良、京都を四日間で周ったハードな旅でした。いづれも素敵な場所でしたが、最後にここを訪れることが出来て本当に良かったと感じました。この旅だけでのことだけではなく、今までの過ぎ去った人生の上に長い間かかっていた霧が消えていったような気がします。またこんな旅をいつかしてみたいな。この旅で感じたことの続きはこれからの僕の音楽の中で感じてください。



 最後に偶然撮れたお気に入りの一枚。ピントのズレてる写真だけど、まるで絵画のようにも見えるでしょ?芸術にはそんな偶然の産物もあるんだよね。
| photo | comments(1) | trackbacks(0) | posted by 和栗卓也
「三十三間堂」 〜 西方見聞録 vol.15 23:58













| photo | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和栗卓也
表参道 20:53
















| photo | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和栗卓也
「二月堂」 〜 西方見聞録 vol.14 00:02



















| photo | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和栗卓也
「元興寺」 〜 西方見聞録 vol.10 18:49













| photo | comments(1) | trackbacks(0) | posted by 和栗卓也
「ならまち格子の家」 〜 西方見聞録 vol.9 23:35













| photo | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和栗卓也
「大阪港夜景 part2」 〜 西方見聞録 vol.7 05:08
















| photo | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和栗卓也
<< | 2/10 | >>