It's my melodyいつか君の夢 かなえるために 今日を生きているよ 忘れないで
すべてのこと 今 思いのままに そして きっと明日のために

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
機種変 02:49
 先日、携帯電話の液晶画面の左上部が黒ずんでいることに気づきました。しばらく様子をみているとその黒ずみは日増しに液晶部全体へと広がっているように感じられました。そこでショップへと相談しに行きました。

 いろいろと調べていただいた後のショップの方のご意見は「液晶部に圧がかかった為の破損」とのこと。どんな時に圧がかかってしまったのか、僕にはまったく身に憶えがなかったものの、ここらで気分転換をしたい気持ちもあったので、今回は修理という手を選ばず、思いきって機種変更を。

 今度の機種はauの“W62SH”というモデル。以前より知人の持っているシャープ製の携帯電話のカメラで撮った写真が美しかったことが頭にあり、今回はそれにしてみたのです。今年に入ってからのブログの中の写真はそのほとんどを携帯電話で撮っているのですが、これで少しは綺麗になるかもしれないです。

 新しい携帯電話を手に取り、いつものように左手の親指を二つ折りにされた携帯電話の隙間に入れ、画面を親指で押し上げながら開いた瞬間『あっ!これだ!』と僕は気づいたのです。液晶部に圧がかかった原因とその黒づみが左上部から始まった理由に・・・・。

 前の機種はpanasonic製でした。そう、片手で楽々開くボタンを売りにしているメーカーのもの。つまり僕は売りとなっていたワンタッチボタン(確かに購入時には店員さんにも説明を受けた)を使わずにわざわざ面倒な開け方をし、挙句の果てには破損させていたのであります。な、何と愚かな・・・・。

 それはまるで、評判のウドンが気になって足を運び、一時間並んでやっと入った店で、壁の「お品書き」を眺めながら何とはなしに“ざる蕎麦”を注文してしまい、後悔して目の前に運ばれた山盛りの蕎麦を黙って見つめているような気分。

 さらに云うならば、気を取り直して「蕎麦なんだから勢い良く食べなきゃ。こちとら江戸っ子でぇい!」と思いきり啜ったら、やり過ぎて激しくむせてしまい、はずみで蕎麦が逆流し、鼻の穴から飛び出した麺が、まるでバカボンのパパの鼻の下の髭のように四本ばかりぶら下がり、その見事なまでに間抜けな顔を連れの女性にしっかり見られてしまったかのような、そんな哀しい心持ちになってしまいました。

 人間、何を求めてそれを選んだのか、時にはその意味を考えながら行動することも大切なのであります。教訓。
| diary | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和栗卓也
髪切るぞぉ〜 14:21
 皆さんお元気ですか?サマーファンクフェスティバルで声をかけて下さった方々ありがとうございました。噛み切るぞぉ〜、と云われるとゾッとしてしまう川島です。

 急に髪を切りたくなり、今、馴染みの表参道アンジュールに来ています。よく気分転換に髪を切りたくなるという女性の話を聞きますが、今日の僕はそんな気分。

 外へ出たらやたらと暑くて「汗だく一丁!」てな感じだったんだけど、アンジュールには待合いに扇子が用意されててとても嬉しかったです。



 もちろん切った後は「ブラウンライスカフェ」でお気に入りのオーガニッククッキー。
| diary | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和栗卓也
メガネ破損・・・・ 01:37
 昨日、五年間使い続けたメガネのレンズ部にひびが入りました。どうやら洗面所で落とした時に壊れたみたい。明日中には新たなものを作りに行かなければなりません。僕の場合には乱視も入っているのでかなり出費も大きかったりするのでそういった意味でもショックではあるのですが、フレームも結構気に入っていただけにかなり残念であります。『レンズだけ代える手もあるのでは?』という声も聞こえてきそうですが、やはり五年使用品の破損は“替え時”というものを強く感じてしまいます。一応、ショップで相談してみるつもりではいますが・・・・。

 メガネは顔の一部ですから、それを替えることはちょっとしたイメージチェンジです。前向きに捉えれば、そこから何かが変わるかもしれないという楽しみもありそう。今月末には「サマーファンクフェスティバル」もあるので、どこかで僕を見かけた折には新しいメガネの印象や感想など一言お聞かせ下さいね。
| diary | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和栗卓也
「ポケモン・スタンプラリー2008」 01:04
 最近、ひょんなことから出会った子供は重い病気で自由に外に出られないポケモンが大好きな8歳の坊や。この日、僕は「ポケモン・スタンプラリー2008」のポスターをJR池袋駅で発見!本日のイベント終了時刻の午後四時まではまだまだ時間があることを確認。ゴールに辿り着いた際の賞品を彼にあげられたらきっと大喜びしてくれるはず・・・・。そんな想像をしてした次の瞬間、僕はイベント参加に必要なパンフレット兼スタンプ台紙を手にとっていました。

 池袋をスタート地点とし、まず最初に僕が向ったのは「秋葉原」。ここで「ピカチュウ」のスタンプをゲット!下車したついでに併せて大好きな「甘栗太郎」の甘栗も購入。以降、総武線に乗り「信濃町」「千駄ヶ谷」「代々木」、そして山手線で「恵比寿」「目黒」と計6個のスタンプを押印。ゴールに選んだ「品川」で三点セットの賞品をもらい無事にイベント終了しました。ゴールでは僕以外の大人の単独参加者の姿を多数目撃。やはり可愛い子供に喜んでくれる何かをプレゼントしたいと考える大人は世の中にやはり沢山いるのであります。

 こうした「スタンプラリー」というイベントは随分前からいろいろとありますが、僕が小さかった頃にはほぼ皆無で、当然これまで参加したこともありませんでした。しかし実際に参加してみるとこれがなかなかに楽しいものなのです。子供たちと混ざって列に並んだり、スタンプを押したりしているといつの間にか自分も子供の頃の心に戻ってしまいます。いやはや今では遠くなってしまった少年の頃の夏休みの記憶が甦えらせてもらえたりして僕にとても有意義なイベントでございました。ちなみに僕のお気に入りのポケモンは“シェイミ”です。
| diary | comments(1) | trackbacks(0) | posted by 和栗卓也
囲みの会開催 02:25
 今日は二ヶ月に一度開催される「囲みの会」の日。始発から間もない電車に乗って神奈川県上大岡まで行ってきます。

 開始時間が変更されてから日本大通りのソウルバー“ESSENCE”のキクちゃんが絶好調。とりあえずキクちゃんが元気だと場は盛り上がるので良い傾向ではあります。さて今日の結果は如何に!

 それからここ一ヶ月間、夏休みのような状態だった“ONE COIN KEIBA”も今日から再開しました。
| diary | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和栗卓也
タラコ 07:42
 ここ数ヶ月、表参道にある歯科に通っています。昨日は十数年前に別の歯科で差し歯の処置した部分を再度診て頂きました。しかしそこで思わぬトラブルが・・・・。何と十数年前の治療した所から金属片なども含む粉砕したパーツが歯茎に癒着し、広範囲でひどい炎症を起こして、それが大量の化膿を生み出すという事態になっていたのです。

 現在の担当の医師はまるで自分の責任でもあったかのようなすまなそうな様子で詳しく説明してくれました。長い年月が経過していますから何故そうなってしまったのかは厳密には分からないことらしいのですが、いずれにせよ、過ぎてしまったことはもうどうしようもないのであります。僕としてはこれからが大切。

 結局、二時間にも及ぶ治療の中で、数箇所の切開と癒着部の切除、それに伴う止血と縫合処置を行い、無事に完了と相成りました。

 しかし本当に大変だったのは、歯科医院を出て麻酔が切れてから。縫った部分が痛み、口が開けられず食事もろくに摂れません。今朝起きてみれば睡眠不足に併せて下顎の腫れは酷くて、特に下唇などはアンジェリーナ・ジョリー並みにタラコってました。とりあえず、今日は一日誰にも逢う予定などなかったので良かったですが、明日は二月に一度の麻雀大会があり、ちょっとだけ心配であります。ちなみに抜歯は一週間後の予定。出来ればその間は誰にも会いたくないなひやひや
| diary | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和栗卓也
クリスタルボウルのサンプリング 13:27
 昨日、池尻大橋のスタジオに大内憲一郎さん を招いてクリスタルボウルの音をサンプリングしてきました。6月5日のブログで書いた「いつか一緒に作品を作ろう」の第一歩です。

 19時に録音作業が終了。参加した5名(大内さん、平沢さん、川瀬くん、メグちゃん、僕)で食事会をしようということに。トラブルはその直後に起きました。

 スタジオからの機材搬出の為、駐車場に停めておいたメグちゃんの車を動かしたところ突然の故障!理由も解らず、とりあえずは川瀬くんの車にすべての機材を載せ、川瀬くん、大内さん、平沢さんの三人は大内さん宅で機材を降ろし、食事会の目的地である「荏原中延」へと先に向ってもらい、僕はメグちゃんと駐車場でJAFを待つことに。

 30分後、JAFが到着。車体を調べてもらうとファンベルトが切れてしまっていることが判明。そしてその30分後にレッカー車が到着し、ディーラーまで牽引。しかし夜間だった為、当日中の修理が出来ず、仕方なく僕らはタクシーと電車を乗り継ぎ、目的地まで移動しました。

 結局、全員が顔を揃えたのは21時。それから宴が始まり、あっという間に23時半の閉店時間。その間、僕はマッコリを一本空けてました。

 それにしても焼肉店「四季苑」のコストパフォーマンスは非常に高いです。今回特に美味しいと感じたのはメニューの「塩ロース」と「塩ホルモン」。また近々、行きたいです♪場所は東急池上線の「荏原中延」の改札を出てすぐ右手。超お奨めです。最近ではウッチャンナンチャンの南原さんも来店したとのことです。
| diary | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和栗卓也
オアシスを感じた午後 02:28
 今日の午後、実家へ行く為、僕は地元の駅に向って歩いていました。もうすぐ改札口に差し掛かろうとしていた時、ひとりの老女に声を掛けられました。聞けば駅周辺の様子が変わり過ぎてしまって、どうやって目的地まで行けば良いか分からないのだと云う。たまたま彼女の行き先が僕の実家のある駅の途中にあったことが分かったので、そこまで一緒に行きましょうと僕は云いました。

 彼女は僕の父と同じ大正13年生まれの84歳。達者な話し口と明るい笑顔でご自身の身の上話なども交えていろいろと話してくれました。その中で彼女が何よりも残念がっていたのは、変わってしまった人々の心のこと。特に近頃頻繁に起きている凶悪事件にはひどく悲しみを覚えている様子でした。そして昨年亡くなられた彼女の親友のことも・・・・。しかし少し痴呆が出始めながらも毎日散歩を欠かさない穏やかなご主人の話になると途端に表情が柔らかくなり、とびきりの素敵な笑顔を見せました。

 目的の駅に電車が停車する直前、僕が『どうぞお体を大切にいつまでもお元気でいて下さい』と声を掛けると、彼女は笑みを浮かべながら頷いて『貴方様もどうぞお元気で。御機嫌よう』と言葉をくれました。そして静かにホームに降り立った彼女は、何度もお辞儀を繰り返しながら僕を見送ってくれました。

 どうということもない風景のようで僕にとってはとても嬉しい出来事でした。まるでオアシスの中で寛いでいたようなひとときだったのです。年を重ねてさらに綺麗になってゆく人の心もある。そんなことを感じました。あの瞬間、僕に声を掛けて下さったことに感謝です。またいつかどこかで。
| diary | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和栗卓也
大内さんと電話で 06:34
 久しぶりにクリスタルボウル・ヒーリングセラピストの大内憲一郎さんと電話で話しました。何だかんだとかなりご無沙汰してしまっていたので、そのソフトな声と話しぶりがとても懐かしく感じました。

 以前、クラブチッタ川崎で共演させて頂いた際に話した「いつか一緒に作品を作ろう」ということを実現させる為の第一歩。以前にシンギングボウルで行ったように、今回はクリスタルボウルの楽器としての魅力が感じてもらえるような作品が生まれれば良いなと考えています。実際に音源が出来上がるまでには少々時間がかかると思いますがクリスタルボウル・ファンの方々はどうぞ楽しみにしていて下さい。僕自身も今からワクワクしてます♪
| diary | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和栗卓也
横断歩道 10:43
 朝、散歩をしていると僕の数メートル前を白い杖を持った女性が歩いていました。横断歩道に差し掛かると赤信号でその女性と僕は隣に並ぶよう形で立ち止まりました。僕はふと、こうした方々はどのようなことを通じて信号の状態を知るのだろうと考えました。その横断歩道は音で知らせるようなタイプではなかったからです。周りの人たちの足音や気配を感じて立ち止まったり、歩き出したりするのでしょうか?そうだとしたら信号を無視する人がいればその人の動きに釣られてしまうこともあるのでしょうか?

 僕は普段、自分の命のことは考えて行動していますが、こうしてみると自分の行動で誰かの命が危険な状況に陥るかもしれないなどとはまだまだ考えられていないかもしれないです。

 誰かが何かをすれば必ず誰かに影響を与えるということは普段からよく考えること。でも今日はまた少し違った視点から見つめられたように感じた出来事でした。
| diary | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和栗卓也
<< | 2/10 | >>