It's my melodyいつか君の夢 かなえるために 今日を生きているよ 忘れないで
すべてのこと 今 思いのままに そして きっと明日のために

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
「假屋崎省吾の世界展」 00:27
華道家である假屋崎さんの作品は、昨秋の「目黒雅叙園美術館保存建築〜百段階段にて」での様子をTVで観ただけだったのだが、その優雅さと環境とのマッチングの妙に強く惹かれ、一度は生で観てみたいとずっと思っていた。それが電車の中刷り広告で「假屋崎省吾の世界展」が開催されることを知り、僕は当初の予定を変更し、会場となっている特設会場へと足を運ぶことにした。



実際に間近で観たその作品たちはTV画面を通して観るよりも何倍も素晴らしく感じられ、涙がこぼれそうな程に僕を感動させてくれた。そこには今まで僕が知ることがなかった華やかな宇宙というものが存在していて、流木やオリジナルの花瓶に生けられた花々は力強い命のきらめきを放き続けていた。そこにはアーティスト自身の深い愛情と感謝の念というものが込められていると僕には感じられた。



假屋崎さんは現在「花からはじまるライフ・スタイル」というコンセプトで活動をしているという。握手をして頂いた後、僕の手の中には希望という名の喜びが残っていた。
| diary | comments(1) | trackbacks(0) | posted by 和栗卓也
スポンサーサイト 00:27
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








中吊り広告が川島さんに訴えかけてきたのですね…。しかも假屋崎さんと握手までしたんですか〜。私は小原流の展示を観たことがありますが、通常の生け花のイメージの域を超えていてびっくりしました。トンネルみたいのまで造られていたし…。さっき駅で花屋の前通ったらいい香りしてその場にとどまりたかったです…。それにしても假屋崎さんによって川島さんの作品にもまた新しい力がプラスされそうですネ☆
posted by まな♪ | 2006/04/19 8:37 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>