It's my melodyいつか君の夢 かなえるために 今日を生きているよ 忘れないで
すべてのこと 今 思いのままに そして きっと明日のために

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
永眠 18:03
 あなたから与えられたことはあまりに多すぎて、そして大き過ぎて、いくら言葉を重ねてもとても語り尽くせそうにありません。あなたへの感謝の思いは、きっと一生かけても返せそうもありません。それでもあなたのことを話したくてたまらないのは、あなたが愛しくて愛しくて仕方ないから。

 あなたの74年間の人生は最後まで苦労の連続だったことを知っています。でも嬉しいこと、幸せだったこともたくさんあったことも僕は知っているのです。どんな状態になろうとも、最後の一瞬まで自分らしく生き抜いたあなたの姿を僕はきっと忘れません。与える人生が何よりも豊かな人生なのだと、その一生をかけて教えてくれました。

 生きてゆくことがどうにも辛い時も自分に与えられた人生を正面から受け止めて全うしたい。そして生きてゆくことが嬉しいと感じられた時には、その幸福を誰かと分かち合いながら生きてゆきたい。あなたの生き様を見て僕もそう願うようになったのです。
 
 体を失ったあなたを今日からはもっと身近に感じながら僕は生きてゆくでしょう。そしてこれからもずっとあなたの子供でいられることを心から幸せに思います。いつまでもいつまでも僕の愛はあなたの愛と繋がっているのです。お母さん、心から愛しているよ。
| diary | comments(8) | trackbacks(0) | posted by 和栗卓也
スポンサーサイト 18:03
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








謹んでお悔やみ申し上げます。
どうか悲しみのあまり、お体を壊されませんように、心よりお祈り申し上げます。
posted by ヒデ・グラント | 2008/10/27 9:24 PM |
お父さまも川島さんも、どうか、体調を崩しませんように。
お母さまのご冥福を心からお祈り申し上げます。
posted by げっちゅう | 2008/10/27 11:29 PM |
謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。
posted by ally-my-love / fuji | 2008/10/28 12:13 AM |
突然の悲報に心よりお悔やみ申し上げます。

お気持ちを思うと胸が痛みますが、お母様が安らかな眠りにつかれますことを心よりお祈り申し上げます。
posted by コロ | 2008/10/28 12:34 AM |
謹んでお悔やみ申し上げます。

今は何も手につかず悲しみの毎日だと思います。お体は大丈夫ですか?

私事ですが父を亡くした時あまりにも急で「死」が理解できませんでした。
病院に駆けつけた時は危篤で言葉を交わすことも難しい状態で翌日旅立ちました。
父がいなくなって15年以上経ちますが何処かに隠れて生きているのではないかと思う日もあります。
寂しくて苦しい時、私は何度も父と話します。答えはくれないけれど父ならこんな風に言うだろうなと想像して勇気をもらいます。

川島さんのお母様は、川島さんの姿を天国から見て喜びの涙を流していることでしょう。
こんな風に自分を思ってくれる優しい息子がいて本当によかったなと。
お母様はいつも川島さんを見守り応援してくれると思います。どんな時もお母様は川島さんと一緒ですよ。

つらい状況の中、お母様への気持ちをブログに残してくれてありがとうございました。
posted by | 2008/10/29 5:56 AM |
体調崩されていらっしゃらないでしょうか。
お母様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
posted by Sie | 2008/10/30 6:41 PM |
私には一人息子がいます。幼い時も、青年になった今も注ぐ愛に変わりはありません。
これから何年経ったとしても、息子への愛は変わらぬ自信があります。

川島さんが御母様に送ったラブレターは相思相愛の証しのように感じ、拝見いたしました。
御母様からたくさんの愛を川島さんはもらったんですね。


御母様の旅立ちに幸多き事を心より御祈り致します。
posted by | 2008/10/31 1:07 AM |
心からお悔やみ申し上げます。

お母様の心はそのまま川島さんが受け継いでいると思います。

いつまでも大切にしてください。
ご冥福をお祈りいたします。
posted by ひげお | 2008/10/31 11:03 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://ykicept.jugem.jp/trackback/669
<< NEW | TOP | OLD>>