It's my melodyいつか君の夢 かなえるために 今日を生きているよ 忘れないで
すべてのこと 今 思いのままに そして きっと明日のために

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
「君のためなら千回でも」 00:21
 自らの命を懸けてまで誰かの為に示す勇気ある行い。それはこの世界で巡り合えたかけがえのない友への最も尊い友情の証。そんな姿に触れてみたいと感じている方に強くお薦めしたい作品です。

 この映画の主な舞台となっているアフガニスタンとその国に住む人々についての印象を尋ねるならば、多分、大多数の方が「恐ろしい」と答えるのではないでしょうか。それは“戦争”“テロ”“拉致”というワードから派生してくるネガティヴなイメージとそこに深く根付いていると思われるイスラム教という宗教の存在。しかしその国の真実を僕たちは果たしてどれだけ知っているのか・・・・。今、それを強く確かめたいと感じてしまうのは“友情”とは相容れない、この世界で最も悲しく、醜く、恐ろしい“偏見”というものの中にどっぷりと自分自身が浸かってしまっているかもしれないという危機感からきているような気がします。身近に起こった悲劇が人の心に及ぼす影響とは何と大きいものなのでしょうか。

 すべての人の心の中に流れている普遍的な愛というものに今までに経験したことのない大きな感動をさせてくれたこの作品は、僕の中では文句なく、今年ここまでのナンバー1作品です。
| cinema | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和栗卓也
スポンサーサイト 00:21
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>