It's my melodyいつか君の夢 かなえるために 今日を生きているよ 忘れないで
すべてのこと 今 思いのままに そして きっと明日のために

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
「ジャンゴ」 18:03
 “マカロニウエスタン”ならぬ“スキヤキウエスタン”の映画。クエンティン・タランティーノさん以外は全員日本人なのに全編英語で通しています。かなり本格的なアクションが出てきます。ちょっとエグいシーンもありますが、所々に笑えるところも盛り込まれており、エンターテイメントとして高い点を付けられる作品だと感じました。さすが今村昌平に師事した三池崇史監督の作品です。 

 『どんな時代に、どこに居ようと、大切なのは自分がどう進むかだ。運命を恨んでも道はない。逃げるな。自分の明日は自分で決めろ』

 家族の無残な死を目の当たりにした少年に対して主人公がラストシーンで告げた言葉です。まさにここがこの作品の“核”の部分。人生、つらい時は立ち止まるのは仕方ない。むしろそうしなければいけない時がある。しかしいつかは勇気を出して前に向って足を踏み出さなければならない時もあるでしょう。主人公は少年の心の中に踏み出してゆける勇気を感じたからこそ敢えてこんな厳しい諭し方をしたのでしょう。そこに愛があると感じられればどれほど厳しい言葉であってもいつかきっと心の鐘を鳴らす時がくると僕は思っています。
| cinema | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和栗卓也
スポンサーサイト 18:03
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>