It's my melodyいつか君の夢 かなえるために 今日を生きているよ 忘れないで
すべてのこと 今 思いのままに そして きっと明日のために

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
「ESSENCE」のマスター&ケサちゃんとのこと 08:18
1991年頃のことだと思いますが、当時の僕はインターセプトに所属して間もない頃で、一人暮らしをしながらメジャー・デビューに向けてのデモ制作をしていました。やはり良い音楽を作る為には安定した生活も必要であろうと考え、何か仕事をしてみようと僕は思ったわけです(って、それまでは何して生きてたんだ?という声が聞こえてきそうですが・・・・たらーっ)。
そんなところへ知り合いの紹介があり、僕は六本木のパブで働くことになりました。その店でマネージャーを務めていた人こそが「ESSENCE」のマスターでした。彼と僕とは年齢も非常に近く、以前にも何度か麻雀をして遊んでいましたから、僕にとっては気楽に仕事につくことが出来ました。職場でご一緒させて頂いた間、彼には何かと便宜を図ってもらい、助けられることが多かったです。



彼はとてもやさしい性格の持ち主でありますが、また同時に正義感が非常に強く、律儀な人でもあります。時にお店には横柄なお客様がおいでになることがあります。そんな時も彼はとても柔らかな物腰で対処します。しかし中にはどうしても聞き分けのないお客様もいらっしゃるわけで、そんな時彼は「やさしい悪魔」に変貌するのです。デビ〜ル!!てれちゃう
といってもそんな状況に遭遇したのは、数年の間にたった一度だけですが。

また彼は霊感も強いみたいで、渋谷センター街の裏手にあった系列店においては度々恐ろしいものと遭遇していたようです。まぁそのお店に関しては僕自身もいろいろと感じていましたから話を彼の話を聞いて納得してしまいましたムニョムニョ

彼とは本当によく麻雀ばかりして遊びました。朝まで仕事をした後で昼過ぎまで雀荘で麻雀をし、急いで家に帰っては1〜2時間寝て、お風呂に入るとまた慌てて出勤、というような日々を続けていました。今考えると恐ろしいことしてましたね。
家に帰る時間もない時にはご実家などにも泊めて頂いたこともあって、いろいろとお世話になった人なのでありますラッキー



僕が六本木のお店にいた時、同じフロアにあった「ジェイル・バー」というお店でお皿を回していたのが「イチロー」です・・・・じゃなくて「ケサちゃん」です。ケサちゃんとは挨拶を交わすくらいの関わりでしたが、いつも穏やかな表情で接してくれる彼のお陰で随分と癒されたものです。



そんな二人が開いた、横浜の「日本大通り」のバー「ESSENCE」にはいつも穏やかな空気が流れ、扉を開く者を温かく迎い入れてくれます。もしよろしければぜひご一緒に♪ビール
| friends | comments(1) | trackbacks(0) | posted by 和栗卓也
スポンサーサイト 08:18
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








初めてコメントさせていただきます。
よろしくお願いいたします(笑)。

「やさしい悪魔」…、なんかわかる気がしてしまいます(笑)。
ESSENCEでの安心感はそうゆう所からもきているのですね。
う〜、余計に行きたくなってきました(笑)。
そうそう、ESSENCEには日本酒だか焼酎(疎くてごめんなさい)もあった気がします。
posted by まるじ | 2006/04/03 6:36 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://ykicept.jugem.jp/trackback/60
<< NEW | TOP | OLD>>