It's my melodyいつか君の夢 かなえるために 今日を生きているよ 忘れないで
すべてのこと 今 思いのままに そして きっと明日のために

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
レンタルDVD映画ベストセレクション/2006〜2007(邦画編) 13:00
 今年も劇場公開の開始日が2006年7月1日から2007年6月30日までという条件の中で選んでみました。もちろん僕の主観で。まず今日は邦画から10本。

 1位  秒速5センチメートル
 2位  ゆれる
 3位  長い散歩
 4位  幸福な食卓
 5位  7月24日通りのクリスマス
 6位  涙そうそう
 7位  武士の一分
 8位  手紙
 9位  あかね空
10位  虹の女神 Rainbow Song 


作品     「秒速5センチメートル」
監督     新海 誠(「秒速5センチメートル」)
主演男優  緒方 拳(「長い散歩」)
助演男優  香川 照之(「ゆれる」「きさらぎ」) 
主演女優  中谷 美紀(「7月24日通りのクリスマス」「あかね空」)
助演女優  寺島 しのぶ(「愛の流刑地」)
新人     檀 れい(「武士の一分」)
脚本     西川 美和(「ゆれる」)
美術     新海 誠(「秒速5センチメートル」)
主題歌    「One more time, One more chance」(「秒速5センチメートル」)


 「ゆれる」以外にも「蟲師」「東京タワー」など昨年に引き続いてオダギリジャーの存在感が強かった一年でした。でも緒方拳の演技は僕好みなので仕方ないです。特筆は香川照之。この人の演技も凄いと思う。最後までどちらを“主演男優”として選ぶか迷いました。中谷美紀は僕の中で昨年の「嫌われ松子の一生」に続いて二年連続の“主演女優”。“新人”は期待を込めて壇れい。作品としては、つい数日前に観たアニメーション作品「秒速5センチメートル」があまりに美しく、あまりに僕好みで今年一年の日本映画の印象をすべてを塗り替えてしまった感じです。やはり日本のアニメはレベル高いです。
| cinema | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和栗卓也
スポンサーサイト 13:00
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>