It's my melodyいつか君の夢 かなえるために 今日を生きているよ 忘れないで
すべてのこと 今 思いのままに そして きっと明日のために

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
「京都の甘味&ラーメン」 〜 西方見聞録 vol.16 19:55
 今日は京都の甘味処をふたつ、そして老舗のラーメン店をひとつ紹介します。

 まずは下鴨神社のすぐ近くにある「加茂みたらし茶屋」。今や日本全国で作られ、楽しまれている「みたらし団子」発祥はこの店からなのだとか。下鴨神社の糺の森の御手洗池(みたらしのいけ)の水泡を模って作られたことから「みたらし団子」と云うのだそうです。五つのお団子が串刺しになっているのですが、一番先にあるお団子は他の四つの団子よりも少し大きくなっています。これは人間の体を表現している為。つまり一番先のは“頭部”に当たるわけですね。もちろん頭からガブリでお願いします。

 もうひとつの甘味処は「ぎおん徳屋」。僕が頂いたのは「本わらびもち」。とにかく今までに経験したことのない食感でした。“本わらび”“和三盆”“きな粉”“黒蜜”が口の中で醸し出す最上のハーモニー。京都に行った折りには是非とも、是非とも一度ご賞味下され。写真はお店のホームページで観てね。

 今回の旅の最後に食したのは京都駅のすぐ近くにある老舗のラーメン店「新福菜館本館」。あれあれ?どこかで聞いた名前だと感じた人もいらっしゃると思います。そそ、今ローソンではカップラーメンとして販売してますね。ここは戦後間もなく開店し、以来50年の歴史がある京都では最も古いラーメン屋さん。オーダーしたのは定番の「醤油ラーメン」と「焼き飯」でした。ラーメンは濃厚醤油ということなのだけれど味は実にさっぱりでなかなかのもの。そしてそのスープにバッチリ合うのがこの店で人気の「焼き飯」。もしかしたら僕的には「ラーメン」より「焼き飯」の方が好みかも。
| gourmet | comments(1) | trackbacks(0) | posted by 和栗卓也
スポンサーサイト 19:55
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








「みたらし団子」も「本わらびもち」も美味しそうですね。
丁度先日、ローカルな情報番組で「徳屋」が紹介されてました。その時は舞子さんご贔屓の甘味処と言う事で、やはり「本わらびもち」と自分でお餅を焼く「ぜんざい」が紹介されてました。どちらもとっても美味しそうで食べてみたいなって思ってたところでした。
実は、実はとてもタイミング良く、明後日京都に行くので、これはもう、行くしかないですね!
ご紹介ありがとうございました。

posted by (#^.^#) | 2007/12/01 12:42 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>