It's my melodyいつか君の夢 かなえるために 今日を生きているよ 忘れないで
すべてのこと 今 思いのままに そして きっと明日のために

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
「デジャヴ」 21:27
 日本語では「既視感」と云い、実際には一度も体験したことがないのに、既にどこかで体験したことのように感じることを云います。以前には僕もこの感覚をしばしば持つことがありましたが、年齢を重ねると共に少なくなってきました。これはどういうことなんだろうね。

 さて作品はというと、日頃体験する“デジャヴ”ではなく、FBIによって開発された「4日と6時間前の映像を観ることが出来る機械」によって過去に干渉し、既に起こったテロ事件を未然に防ごうというタイム・スリップ・ムービー。で、何が“デジャヴ”なのかというと作品のラストシーンで主人公が本来の意味での“デジャヴ”を体感することでオチがつくということでニヤリ。僕的にはかなり楽しめたSFアクション映画でした。



 この手のタイム・スリップ物では「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「ターミナーター」「タイムマシン」等が有名ですが、僕としては「オーロラの彼方へ」「猿の惑星(1968年)」「12モンキーズ」「愛が微笑む時」「イルマーレ」「もしも昨日が選べたら」がお薦め。さて明日は「タイム・トラベル」について書いてみます。
| cinema | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和栗卓也
スポンサーサイト 21:27
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>