It's my melodyいつか君の夢 かなえるために 今日を生きているよ 忘れないで
すべてのこと 今 思いのままに そして きっと明日のために

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
第135回 天皇賞/春 part2 11:19
 馬券術の中に“長距離は騎手で買え”という格言があります。高低差約4mを二回通過し、3200mを乗り切らなければならない京都競馬場の「天皇賞/春」こそ、この格言がまさにあて嵌るレース。下記は過去14年の3着までの競争結果を記した図(阪神開催の94年は除く)。左から「開催年度」「着順」「単勝人気」「二角位置取り」です。

93年  1着 2番人気( 6番手)/2着 1番人気( 3番手)/3着 4番人気( 1番手) 
95年  1着 4番人気( 7番手)/2着 6番人気(10番手)/3着 3番人気(10番手) 
96年  1着 3番人気( 9番手)/2着 1番人気( 7番手)/3着 4番人気(14番手) 
97年  1着 2番人気(11番手)/2着 1番人気( 8番手)/3着 3番人気(10番手) 
98年  1着 2番人気( 6番手)/2着10番人気( 6番手)/3着 5番人気(14番手) 
99年  1着 1番人気( 3番手)/2着 3番人気( 6番手)/3着 2番人気( 1番手) 
00年  1着 1番人気( 7番手)/2着 3番人気(10番手)/3着 2番人気( 4番手) 
01年  1着 1番人気( 7番手)/2着 3番人気( 8番手)/3着 2番人気( 5番手) 
02年  1着 2番人気( 5番手)/2着 3番人気( 7番手)/3着 1番人気( 5番手) 
03年  1着 7番人気(11番手)/2着 8番人気(14番手)/3着 1番人気(11番手) 
04年  1着10番人気( 1番手)/2着 4番人気( 5番手)/3着 5番人気( 3番手) 
05年  1着13番人気(10番手)/2着14番人気( 2番手)/3着 4番人気(10番手) 
06年  1着 1番人気(14番手)/2着 2番人気( 5番手)/3着 8番人気(14番手)

 まず気づくことは、位置取りが5〜11番手で2コーナーを迎えた馬が20頭連対しているという点。その中に6番人気以下の馬が4頭含まれています。この穴を開けた4頭の連対馬の前後には必ず3着以内に好走した上位人気馬がいます。これを見る限り、どうやらペースと展開を読みきり、人気馬のマークも含めた「位置取り」というものをソツなく出来た騎手が乗ることで事前評価の低かった馬は好走出来るという解釈が成立しそうです。二年前、「スズカマンボ」は1番人気馬「リンカーン」、2番人気馬「マカイビーディーヴァ」、3番人気馬「ヒシミラクル」をマークせず4番人気馬の「アイホッパー」をマークし、見事に優勝を飾りました。実はここに今年の「天皇賞/春」を解く鍵があるのではないかと考えています。つまり一昨年の時点で「一番の強豪」と騎手間で目されていたのは「アイホッパー」だったのではないかという着想です。

 「アイホッパー」自身は「天皇賞/春」は今回が三度目のチャレンジ。オープン初めて勝った次の「阪神大賞典」で2着、直後の「天皇賞・春」で3着。その後十ヶ月の休養を経て「阪神大賞典」で6着の後「天皇賞・春」は4着。その後は順調にレースを使い、実績を重ね、ここ2戦は長距離戦を連勝し、今回の「天皇賞・春」には生涯最高の状態で挑んできます。昨日「買えない人気馬」として取り上げた「メイショウサムソン」とは違い、「天皇賞/春」を勝つために戦ってきたこの馬とその陣営にとっては勝負度合い100%のレース。今回は黙って頭から狙い撃ちが馬券的には正解と考えます。

 もしもその推理が結果と結びつくならば、必然的に馬券の相手は「アイホッパー」をマークして自身の良さも発揮できる馬ということになるでしょう。

 さてここからが難しいところ。展開の読みです。「ユメノシルシ」「マイソールサウンド」が先行ペースを作る今回、前半は平均よりも早くなることはないでしょう。当然、“先行馬有利”という発想が生まれます。しかしここに直前になって出走表明をした「トウカイエリート」の存在が僕には気になるわけです。この馬は今回穴人気になっている「トウカイトリック」とは「同馬主」「同厩舎」。そこには“「トウカイトリック」の援護射撃”という意味合いがあるのではないかという考えが浮かんできます。サポートの仕方には二種類あります。差し脚質である「トウカイトリック」の前方の馬に対する“露払い”という形と“差し脚質有利”となる為に先行勢に不利なペースを作る、という形です。もし後者のようなサポートをするようであれば、3〜4番手が予想される「メイショウサムソン」が苦しいでしょう。その少し後の5〜6番手でじっくりレースを進められる「アイホッパー」には絶好の展開。他の馬では直線で確実に伸びてくる「ネヴァブション」「デルタブルース」「マツリダゴッホ」「トウショウナイト」まで。

馬単    08-12, 08-01
三連単  08-12-14, 08-12-15, 08-12-01, 08-12-10
       08-14-12, 08-15-12, 08-01-12, 08-10-12 
       08-01-14, 08-01-15, 08-01-10
| sports | comments(1) | trackbacks(1) | posted by 和栗卓也
スポンサーサイト 11:19
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








>どんな場合にも「この馬は絶対に来ない」とは云えません

でしたねー。orz...
私の◎○は5着4着でした.
posted by よーな | 2007/04/29 4:15 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/29 10:05 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>