It's my melodyいつか君の夢 かなえるために 今日を生きているよ 忘れないで
すべてのこと 今 思いのままに そして きっと明日のために

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
占い (後編) 12:27
今から二年前、僕はある一人の女性と出会った。初めてお会いした時、とても知的でバイタリティがある素敵な人という印象を僕は持った。しかし一方でどこか、体調面で不安定なところを持っていそうだとも感じた。といっても僕には何かがはっきり見えるというわけではない。










“Westin tokyo”

それから数ヶ月がたった頃、僕には彼女から発せられるエネルギーが随分と弱くなっていると感じられた。以前から彼女は腎臓が弱く、あまり無理をするとぐったりするということは本人から聞き知っていたのだが、僕には腎臓以外の部分にも問題が起きているように思えてならなかった。僕のあてにならない直感によれば、それは女性特有の病気のように感じられた。最近はまったく検査を受けていないという彼女に対して、僕は病院で検査を受けるよう強く勧めた。しかし彼女は仕事が忙しいということを理由になかなか検査に行かない。そこで僕は彼女に占い師「Sさん」の話をした。彼女はとても興味を示し、ぜひ観てもらいたいと言い出した。既にその頃、実質的な活動をほとんどやめていた「Sさん」だったが、僕が電話で事情を伝えると占うことを快く請け負って下さった。そして僕の時と同じように彼女の生年月日や名前などを伝えると「Sさん」は数週間の時間が欲しいと言って電話を切った。そして一ヶ月ほども経ったある日、「Sさん」から連絡があった。電話口で彼女から告げられたことの中には様々なジャンルについてのことがあったが、そのひとつに健康のことについての話があった。『この人は元々、腎臓に問題を持っているのだけれど、今は別の部分で大きな局面を迎えていると思う。それは婦人科系のこと。一刻も早く病院で精密な検査を受けた方がいいと思うわ』。

僕はすぐに「Sさん」からのメッセージを彼女に伝えた。真剣に聞いていた彼女はついに重い腰を上げ、病院へと足を向けた。医師から告げられた診察の結果は、婦人科系の部位に悪性の腫瘍があり、早期に手術を受けることが必要だということだった。

それから一年以上の歳月が経った。その後、彼女は結婚をし、現在ではとても幸せな生活をしていると聞く。彼女がその生活を手に入れることが出来たのは、彼女自身の「生きること」に対しての彼女の「前向きな思い」だったのだと僕は思っている。検査を受けることも手術を受けることも大きな勇気が必要だったと思うし、またそこから歩き出すにはさらなる困難があったのだとも思う。彼女がよりよく生きようと努力を続けてきたからこそ「Sさん」の言葉を活かすことが出来、病気を克服して新たな生活を得ることが出来たのだと僕は信じている。








“tokyo art theater”

今では完全にその活動を停止してしまった「Sさん」が以前、僕にこんなことを話してくれた。『あまり良くない占いの結果を聞いて自暴自棄になる人がいる。また同じようなことを聞いてもそこから努力し、自分で希望の道を見つけてゆく人もいる。運命は宿命とは違い、その人の努力によっていくらでも変えることが可能なものだわ。占いを活かすも殺すもその人次第なのよ』。

占いで明らかになること、それは自分が気に掛けている事の方向性や自分の心にある不安や希望でしかないと僕は思う。どれが運命でどれが宿命なのかということは僕には分からないけれども、人生には変えられることがたくさんあるのだということを感じている。しかしそれは自分が変えたいと思う流れだけとは限らないとも思っている。もしも嬉しい未来が待っていると知らされた人が、そこからの努力を怠るように変わってしまうならば、その瞬間から「運命」と呼ばれる「命を運ぶもの」の流れもその方向を大きく変えてゆくのではないかと考えるからだ。そうしたことが僕にとってはとても自然なことに思える。占いを聞いたとしても聞かないとしても、人生において大切にしたいことというものは僕の中で常に何も変らないのだ。







“yokohama”

実は、僕には自分の目指す道の先に困難な流れを見ると悲しくなってしまうことがしばしばある。勇気を持てなくなってしまう瞬間というものがある。しかしそんな時でも希望を持ち、最善を尽くせる自分に出会いたいと願い、努力し続けようとしている。何故ならそうした自分でいる瞬間にこそ僕は生きることの喜びを実感するからだ。そんな僕は今日も占いの言葉を聞く。そしてそこに映る自分の心の有様を見つめる。
| spiritual | comments(1) | trackbacks(0) | posted by 和栗卓也
スポンサーサイト 12:27
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








川島さんは見えない何かをキャッチするアンテナが磨かれているんですね。アート系の人にはそういう人が多そうですよネ。あと人生を作り出すのは自分自身の思いや行動なんですよね…。それを自覚して生きるのと自覚せず生きるのとでは人生を大きく左右するでしょうね。川島さんの文章を読み改めて思いました。がんばろ〜っと!!
posted by まな | 2006/03/20 8:09 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>