It's my melodyいつか君の夢 かなえるために 今日を生きているよ 忘れないで
すべてのこと 今 思いのままに そして きっと明日のために

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
第67回 皐月賞 11:33
 今年の皐月賞はとても難解です。その原因は決定的と云えるような結果を残した存在がなく、ローテーションも様々だからです。無敗でここまで進んできた「フサイチホウオー」はとりあえず置いておくとして、他の馬たちの中では実績で中心に推せるという馬が思い当たりません。押し出されるように一番人気になっている「アドマイヤオーラ」についてもレースの内容、及び数字から磐石の存在とはとても思えません。昨年のこのレースで一番人気になりながら惨敗を喫した「アドマイヤムーン」と同じ厩舎、馬主、騎手ということで“同じ轍は踏まない”という思いも強いでしょうが・・・・。弥生賞でデビュー二戦目にもかかわらず「アドマイヤオーラ」と接戦を演じた「ココナッツパンチ」は前売りでは4番人気。ディープインパクト引退後のスター不在でちょっと人気先行のよう。今回はパス。

 本来ならば「弥生賞」「スプリングS」からのローテーションからが王道路線。ここから外れることは何かしらの事情があるからだとまず僕は考えてみます。例えば「フサイチホウオー」などはあくまで「日本ダービー」にこだわったローテーション。しかし皐月賞で勝ち負け出来ない馬がダービーで通用するはずはありません。つまりこの馬に関しては皐月賞は当然勝ち負けと考えてのこと。ローテーションから同様な雰囲気を感じるのが「ドリームジャーニー」。

 他の候補については“皐月賞向きと思えるタイプ”から探してみました。既に中山芝2000Mを経験しているという意味で「京成杯」から「メイショウレガーロ」。近年注目の「きさらぎ賞組」からは実際にそこで勝った「アサクサキングス」より、その後「毎日杯」を使うことが出来た「ナムラマース」の方が面白いかも。大穴では「スプリングS」で「フライングアップル」の強襲で二着となった「マイネルシーガル」あたりでしょうか。

 結論。こういったレースの場合の馬券は、穴馬を中心に人気馬を適度に絡めて買うのが良いかもしれませんね。「メイショウレガーロ」「フサイチホウオー」中心の三連複。

01―03―10、01―06―10、01―08―10、01―10―16、01―10―17
| sports | comments(1) | trackbacks(0) | posted by 和栗卓也
スポンサーサイト 11:33
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








残念。orz..
無理でしょう。
3連単(1,2,3着を順番通りに当てる)の配当は、なんと162万3250円。
100円が162万円、1000円買ってたら、1620万円!(当たり前^^;)
川島さんおっしゃるように、フサイチホウオーは、ダービーで期待、でしょうか。力出し切れなかったようですし。
posted by よーな | 2007/04/16 8:42 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>