It's my melodyいつか君の夢 かなえるために 今日を生きているよ 忘れないで
すべてのこと 今 思いのままに そして きっと明日のために

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
「世界フィギュア2007東京」 11:18
 うちの事務所の社長とはいろんな話をするのですが、その中で社長は時々『これって競馬でいうとどんな感じなの?』とか訊ねてきます。そこで昨夜の「世界フィギュア2007東京」を競馬に例えてみたりして・・・・。

 昨年末の「ISUグランプリ・ファイナル」がそのシリーズの締めくくりとして行われるという意味で「ジャパンカップ」や「有馬記念」のようなものであると表現するなら、準備期間も充分にあり、フロック的要素がより少ないこの「世界選手権」は差し詰め、真の実力世界一を決める「凱旋門賞」と云えるかもしれません。

 世界各国からエントリーされた46頭の牝馬の中で厳しいトライアルを戦い、実際にレースに出走する出来たのは18ヶ国の優駿24頭のみ。戦前の予想では前走「グランプリ・ファイナル」で1,2着した3歳馬「キムヨナ号」「アサダマオ号」に対して、前年の優勝馬である4歳馬「キミーマイズナー号」と同じ4歳でもこのところ堅実なレース運びで復調著しい「アンドウミキ号」いう構図。ハイレベルが予想された今回のレースではスタートから2コーナーまでの位置取りも重要視されていました。ところが“二強”と目されたうち、ロケットスタートを決めることが出来た「キムヨナ号」に対し、そのライバルである「アサダマオ号」はゲートを出たところで躓いてしまい、前半は先頭の「キムヨナ号」からは10馬身差の5番手という不本意な位置取り。代わって絶好枠から気持ち良く飛び出していったイタリア産馬「カトリナコストマー号」が「アンドウミキ号」に続く3番手、アメリカ産馬「キミーマイズナー号」は好位置4番手につけるという展開となりました。しかし調教師としても活躍する解説者の佐野稔氏の予想によると、4馬身以上のリードをとる「キムヨナ号」には腰痛という持病があり、ゴール前での伸び脚に一抹の不安があるとのこと。過去の後半のタイムを基準にすると一着は「アサダマオ号」、二着は「アンドウミキ号」ではないかと云う。

 魔の4コーナーのカーブに差し掛かったところでレースは多く動き出しました。「カトリナコストマー号」が転倒落馬してしまうとその影響を受けたかの様な形で「エミリーヒューズ号」も落馬。そして「キムヨナ号」はコーナーを周りきれずに外へ振られ、セーフティかと思われていたリードを失くし、必死に立て直そうとするも伸びきれません。そのぽっかりと空いたインコースへ満を持して突っ込んできたのが「アサダマオ号」。二番手の「アンドウミキ号」と馬体を併せて直線の激しい叩き合いに。最後は二頭のマッチレース。前日の牡馬のレースで二着した「タカハシダイスケ号」、そして世界を制した「アラカワシズカ号」を育てた名調教師、ニコライ・モロゾフ氏を擁する「アンドウミキ号」陣営は直線で無理に馬場の悪いインコースではなく、芝状態の良いところを通るという作戦が見事に嵌り、上がり3ハロンを綺麗に34秒でまとめ、33秒前半のタイムで猛追してきた「アサダマオ」を半馬身差で押さえ込んで、ついに世界女王の栄冠を手にしました。


 
 しばらくの間、この3強の戦いは続いてゆきそうですね。腰痛が完治した「キムヨナ号」、いつも通りのスタートを切る「アサダマオ号」、そして必殺技を繰り出した場面の「アンドウミキ号」。そんな状況下でのレースを観てみたいものです。しかし感動と驚きの連続で見応え充分のレースでございました。
| sports | comments(2) | trackbacks(1) | posted by 和栗卓也
スポンサーサイト 11:18
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








今回の「世界フィギア」はとても感動しました。思わずもらい泣きしてしまいました。
それにしても「競馬」に例えるとは面白い発想ですね(~o~)
私は競馬の事はわかりませんが、この解説から競馬中継が目に浮かぶようです。
とても楽しく読ませていただきました(^o^)丿
posted by (#^.^#) | 2007/03/25 10:57 PM |
いやー、見事です。
ナリタブライアンとマヤノトップガンの阪神大賞典のような
すばらしいレースでした。
2頭の差は、ハナか頭くらいか?とも思いましたが、
0.6点差なら、確かに半馬身ですね。
米国産馬でも欧州馬ではなく、アジア勢が1着〜3着
というのも、感慨深いものがあります。
posted by よーな | 2007/03/29 3:56 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
“ミラクル真央”は成長し続ける。世界フィギュアスケート選手権は25日、前日までに終えた競技の上位成績者と日本人選手によるエキシビションを東京体育館で行った。女子シングルで銀メダルを獲得した浅田真央(中京大中京高)も元気な姿を見せ、観客を楽しませた。
| 趣味ってなんぞや | 2007/03/26 5:42 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>