It's my melodyいつか君の夢 かなえるために 今日を生きているよ 忘れないで
すべてのこと 今 思いのままに そして きっと明日のために

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
デモ音源のイメージ 16:00
 都会の喧騒の中、昔の恋人アニーホールに似た女(ひと)を見かけ、ふと目を止める。
 そして回想…
 〜あの頃の僕たちは夢ばかりを追いかけて傷つけ合ってしまったね。〜
 そしてあの頃の純粋な気持ちを取り戻し、
 ずるい大人になってしまった自分に別れを告げ再び雑踏の中に消えていく。

 ご存知ウッディ・アレンの映画「アニー・ホール」のその後というイメージです。
 実際の映画は皮肉っぽいし、再会してお互いの生き方を認め合うというラストだから、
 世界観ちょっと違うかもだけど…
 最初、具体的なストーリーが浮かんだのがだんだんプロットになってしまいました。
 普通逆だろっ!?その構成は…
 街角でふと懐かしいもの(人)、自然のもの、
 素朴なものを見たり触れたりしてピュアな気持ちを取り戻し、
 前向きな気持ちで再び自分の人生に戻っていく。

                                  コロ




 この世の中には、大人になってもピュアなままでいる人もきっといることでしょう。しかし大抵の大人は、自分に対しても、また自分以外の人に対しても心を欺き、時には何かのせいにし、誤魔化しながら生きている部分があるのだと感じています。一端、汚れてしまったものが元と同じ白さを取り戻すことはないかもしれません。でも過去の過ちを認め、頑なになりがちな心を少しずつでも砕きながら生きてゆく人の心は、いつしかその貴重な体験の中で新たな自分だけの色を得、命を輝かせながら歩んでゆくものなのだと僕は感じています。ですから過ちが必ずしもマイナスなことなどとは考えたりしません。むしろそこから始まる心の旅が、自分を、そして誰かを活かしてゆく基礎になってゆくのだと信じています。それこそが僕の思う“美しい人生”。
| demo | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和栗卓也
スポンサーサイト 16:00
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>