It's my melodyいつか君の夢 かなえるために 今日を生きているよ 忘れないで
すべてのこと 今 思いのままに そして きっと明日のために

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
デモ音源のイメージ 00:28
 空模様は夕暮れ時、夜、もしくは曇り空。
 「思い出」というキーワードも頭の中にありました。
 ただ決定的に違う点は、それが「昔の彼女」ではなく、もっと大切な人、
 それも永遠に会うことの出来ない、この世から去ってしまった人。
 病気ではなく、不慮の事故により失った人。
 使用音色のせいか、最初に思いついたシーンは冬の海。
 でも秋〜冬にかけての雑踏の中というイメージも浮かび上がりましたし、
 一人でドライブするイメージも浮かび上がりました。
 ここは一人でドライブしながら曇り空の冬の海へと向かう。
 失った大切な人が見たかった「冬の海」。
 そんなものを見たいなんて珍しいね、そう言い交わした日々。
 そしてその「冬の海」に車で出掛ける途中に交通事故に遭い、 この世から去ってしまう。
 そんな大切な人を偲びながら、一人車を飛ばしながら向かう1年後の冬の海。
 冬の海は変わらぬ姿をしている。
 海風が、果てしない空が、失った大切な人が見守っているように思えてくる。
 自然や思い出は変わらない。
 だけど、自分はそこから先へ進まないといけない。
 思い出は忘れないけれど、そこから自分は前に歩き出すんだ、と。

 そう、ただ「思い出」だけじゃなく、
 そこから現在、未来へ前向きに生きてみるという意志がこの曲から伝わってきたんです。

                                     匿名





 匿名さん、とても素敵なストーリーをありがとうございました。

 人生という長い道程においては、ただひたすらに深い悲しみの中に一人佇んでしまう時があります。またそんな季節が長く続いてしまうこともあると思います。

 ― どんな厳しい日々にも必ず転機があって、やがてすべてのことは過去になり、そしていつの日にか魂はまばゆいほどの光の下で開放される ―

 せめてそれを忘れなければ、どんな状況も何とか越えてゆける・・・・と大きな困難にぶつかった時の僕はまだまだそんなことなどを自分に言い聞かせながら生きております。僕の人生において何よりも大切なもの、それは“希望”です。それを抱く故にひどく苦むことがあったとしても僕は永遠にそれを手放すことはないでしょう。何故なら、どんな微かなものであったとしてもそれを抱けること自体、僕は何より大きな祝福を授かっていると感じるからです。

 vol.19「一緒に歌を作ろう♪〜デモ音源〜」
| demo | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和栗卓也
スポンサーサイト 00:28
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>