It's my melodyいつか君の夢 かなえるために 今日を生きているよ 忘れないで
すべてのこと 今 思いのままに そして きっと明日のために

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
深夜放送 10:11
 今でこそ完全な“朝型”人間の僕ですが、その昔は朝方近くまで起きていて陽の訪れと共に就寝する、そんな“ドラキュラ型”の生活をずっと続けておりました。そんな生活に
なったきっかけは、ホット・ブラッドというバンドの「ソウル・ドラキュラ」という曲を聴いてしまったからです・・・・というのはまったくのガセで、実は小学生の時に深夜放送が好きになってしまったから、というのがトリビア。僕が深夜放送を聴き始めた頃というのはまさに深夜放送の絶頂期で、ラジオこそが“ナウい”時代でもありました。東京で生まれ、今までの人生をずっと南関東エリアで過ごしてきた僕にとって深夜放送はニッポン放送の「オールナイトニッポン」、文化放送の「セイヤング」、TBSラジオの「パックインミュージック」。それぞれにお気に入りのパーソナリティがいたので、ほぼ毎日聴いておりました。

 深夜放送のパーソナリティには大きく分けて三種類のタイプがあって、そのひとつはタレント系、アーティスト系パーソナリティ。その中では「パックインミュージック」の野沢那智さん&白石冬美さんの“御題拝借”が好きでした。毎週決められた御題に対して番組に寄せられる聴取者のお手紙を読むという内容だったんだけど、やたらと面白かったです。素人さんでこんな文章を書く人がいるんだ〜と感心ばかりしていた記憶があります。
他には「セイヤング」のアリスの谷村新二さん、落合恵子さん、グレープのさだまさしさんもよく聴いていましたね。中でも谷村さんのソフトな声は絶品でした。

 二つ目のタイプは、いわゆる音楽評論家さんがパーソナリティを務めていた番組。福田一郎さん、八木誠さんたちが担当していた放送はいろんな情報や様々な音楽の楽しみ方を知ることが出来ていつも新鮮でした。同じ理由で「オールナイトニッポン」の糸居五郎さんもいわゆる“クール”でとってもイカしてた。「いつかこんなジジイになりたい」と本気で思ったものです。

 そういえば「イカしてる」って言葉、誰も使わなくなっちゃったよね?今の子に「その人、イカしてるんだよ」って云ったら「イカ」の仮装しながら歌ってる人とかイメージしちゃうのかな?本当にそんな人がいたら「イカス☆マン」とか名乗ってデビューしたりしてとか・・・・(「ikasuman」確かそんな曲を歌ってたバンドもいたが)。きっと「イカス☆マン」は色白だろうからブルーアイズソウル系の音楽をやるんだろうな・・・・。(※ただのいつもの妄想であります)ちなみに僕は「イカ墨饅」が好きですよ(ちなむな、この先ガケあり危険!)

 三つ目のタイプは本職とも云える局アナパーソナリティ。“奥様お嬢様が泣いて喜ぶ高崎一郎”のキャッチフレーズで有名な「オールナイトニッポン」高崎一郎さんや型破りなトークで人気を博した「セイヤング」のみのもんたさん、土居まさるさんもお気に入りでした。「パックインミュージック」では小島一慶さん、宮内鎮雄さん、林 美雄さん。特に林 美雄さんの「苦労おーかるローカルニュース」のコーナーがとても楽しみでした。この頃は本当に個性派のパーソナリティが局アナにも多かったです。実際、そのほとんどの方がフリーとなり成功を収めていることでも分かりますよね。また余談ではありますが、高崎一郎さんに至ってはプロデューサーとしても長けていたようで
、彼の進言を受け取るような形で当時のニッポン放送の社長が音楽産業に乗り出すことを決断し、その後のフジパシフィック音楽出版、ポニーキャニオンに至っているという話を聞いたことがあります。それに今の通販の「ディノス」も高崎さんの「リビング4」からの延長なのかなと思えるし。

 てな、てな、てなわけで、深夜放送は僕にとって少年期の大きな思い出のひとつであり、またそこから僕はたくさんの刺激を受けました。一時期はストレートに深夜放送のパーソナリティになりたいと考えていた時期もあり、そんなこんなで今ポッドキャスティングなるものをやってる気がしています。

 ところで、ホット・ブラッドの「ソウル・ドラキュラ」って良かったよね〜♪(だからさっきから誰に話しかけてんだっちゅうに!)その後、「ソウル・フランケンシュタイン」っていう曲もあったのも知ってる?(誰に喋っとるんやっと聞いとるに!)
| column | comments(1) | trackbacks(1) | posted by 和栗卓也
スポンサーサイト 10:11
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








ホット・ブラッドの「ソウル・ドラキュラ」、懐かしいよねぇ。もう30年前になるかなぁ?カナリ ヤバクネ?って今の若者は表現するんだろうな(笑)「ソウル・フランケンシュタイン」は知らなかったよぉ!そんな曲あったんだ!!今度探してみよ♪

ちょっと川島さんのノリに合わせて書かせていただきました。失礼いたしました。
因みに高校生に「あれ、イカすよね」とフッってみたところ「それ、古くてムカつくんだけど・・」と言われました。使い方には要注意です!
posted by rei | 2006/10/21 11:34 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
アコースティックギターが注目されています。エレキギターと違い1人で演奏できる気軽さも人気の理由の1つです。アコースティックギターが奏でる柔らかい音色が聴く人の心を惹きつけます。アコースティックギターは電子楽器と違いモデルチェンジがありません。
| アコースティックギター | 2006/11/20 2:54 AM |
<< NEW | TOP | OLD>>