It's my melodyいつか君の夢 かなえるために 今日を生きているよ 忘れないで
すべてのこと 今 思いのままに そして きっと明日のために

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
「ジョゼと虎と魚たち」 23:27
 二、三日前に岡山の放送局に務めている友人から「お奨めの邦画を教えて」という内容のメールをもらいました(もちろん、それだけのメールじゃないけどね)。で、すぐに思い浮かんだのが、この「ジョゼと虎と魚たち」という作品。

 主演の妻夫木聡さんは偽善的なことはしたくない、自分に正直に生きてゆくことを大切にしている大学生。そんな彼が就職活動の季節にひょんなことから身体面、また精神面で不自由さを持っている女の子と知り合い、関わりを持つようになる。女の子は彼の人間的な温かさに少しずつ心を開くようになるのだが、長い年月の間に屈折してしまった彼女の心がそうは簡単に変わるものでもなかった。やがて彼は自分がどんな気持ちで彼女と一緒にいたいと思っているのか、自分自身の思いというものに疑問を持つようになる。自分の心に正直に生きようとしている彼の心の中に自分自身が一番嫌っているはずの「偽善」という影がちらつき始めていた・・・・。

 ラストシーンで僕は、スクリーンの中の主人公の姿にではなく、自分自身の心の弱さを心底感じながら、またそれを乗り越える時の一瞬の切なさを思い出しながら止まらない涙を必死に拭っていました。もし正直な自分と出会ってみたい、自分の心の嘘と真実にちゃんと向き合ってみたいと感じたなら、ぜひ観てほしい映画です。
| cinema | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和栗卓也
スポンサーサイト 23:27
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>