It's my melodyいつか君の夢 かなえるために 今日を生きているよ 忘れないで
すべてのこと 今 思いのままに そして きっと明日のために

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
「GLORY DAYS」 13:12
 梅雨の季節を前にして希望溢れる、爽やかな曲が書きたいと思いながら作ったこの曲。先日行われた「日本平アートクラフトフェア」で初披露となりました。僕の中では、このブログのタイトルにもなっている曲、「It's my melody」の2006年版というイメージをもっています。いつものことながらメロディはすぐに出来上がりました。しかしそんな僕の曲の中でも異例なくらいに早く出来ました。あまりに早く出来てしまったので、もしかしたら思いきり駄作なんじゃないか・・・・と次の日に再度自分で歌ってみるまで不安な気持ちになっていましたモゴモゴ



 アレンジは「黄金の手」「ジャンジャナル・ジンジェ(ex THE JADOES)」のギターリスト、ジャック・伝ヨール氏によるもの。実は彼にアレンジをしてもらったのはこれが二度目なんです。昔作ったCDの中に納められている「雨上がりの街」という曲が最初です。その時も深みのある世界観がとても気に入っていたわけなのですが、今回も「伝ヨール・ワールド」というか、彼のカラーが実に素敵な感じで現れています。ちょうどいろんな仕事が重なって物凄く忙しかったにも関わらず、彼はこの曲のアレンジに大きな情熱を傾けてくれました。本当に心から感謝です。伝ちゃん、ありがとうニコニコ



 下の写真はCDジャケット用に撮影した中の一枚。モデルになってくれたカンヌちゃんもありがとうラブラブ




   GLORY DAYS

青く輝く海を翔けてゆくのさ 遠い日々の記憶の果てに
今は触れるはずのない幻を見た きらめく午後 風の囁き

 最後に残されるのは 僕等の願いだけさ

  光の轍を 君と歩いて行こう
  明日が重なるあの場所へ
  互いの愛 見つめ合えば 
  僕等に降り注ぐ 永遠のGLORY DAYS

高く澄み渡る空 今舞い上がる風に乗って旅立つ人よ
君に捧げる愛は 切なさよりも溢れる微笑みの花束

 信じ合える安らぎを 僕は忘れないさ

  歓びの歌を君と奏で続けよう
  いつの日か会えるその時まで
  ありのままに描く夢を
  僕等色の花を世界に咲かせよう

 信じ合える安らぎを僕は忘れないさ

  歓びの歌を君と奏で続けよう
  いつの日か会えるその時まで
  ありのままに描く夢を
  僕等色の花を世界に咲かせよう

  僕等の花を咲かせよう
  世界に花を咲かせよう
| music | comments(1) | trackbacks(0) | posted by 和栗卓也
スポンサーサイト 13:12
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








撮影楽しかったでちゅ。
かんぬのおててを可愛く撮ってくれてありがとう!
(かんぬママ代筆)
posted by かんぬ | 2006/05/31 3:23 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>