It's my melodyいつか君の夢 かなえるために 今日を生きているよ 忘れないで
すべてのこと 今 思いのままに そして きっと明日のために

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
デモ音源のイメージ 23:39
      君の誕生日に

1. 君がそこにいるから それが全てなんだよ
  君がそこにいるから それがいい
  長い時空(とき)を越えて やっと巡りあえたんだ
  この運命(さだめ)は 決まっていたね
  長くつらい道も きっと地球(ほし)の上で
  出会うプロセス そう思えるよ
 
 ※ Thank you for your birth, Congratulation!
   君の誕生日に
   Thank you for your birth, Congratulation!
   祈る
   Thank you for your birth, Congratulation!
   君の住む地球の
   Thank you for your birth, Congratulation!
   すべての平和を

2. 遠く離れていても ずっと祈り続けるよ
  君の未来 希望 そして夢
  とても苦しいことが 君を待ってるはず
  でも それが君を強くする
  Thank you for your birth, Congratulation!
  この地球の上で
  Thank you for your birth, Congratulation!
  祈る
  Thank you for your birth, Congratulation!
  君のこれからの
  Thank you for your birth, Congratulation!
  光あふれる日々

 ※ 繰り返し


 イメージは、大切な人に、「この世に生まれてきてくれてありがとう」という気持ちを伝えるものです。恋人はもちろん、親から子ども、祖父母から孫、とにかく「大切な人」だったら、どんな相手であっても構いません。また、この歌は、男性、女性どちらが主人公でも良いと思います。

 たいていの親は、わが子が誕生した最初の瞬間には「生まれてきてくれてありがとう」と思うのではないでしょうか。それが、年数が経つにつれ、葛藤や対立が起こります。でも、子どもは自分にとって、かけがえのない「大切な人」のはずで、その人の誕生日には、その気持ちを改めて思い出してほしいと願って書きました。楽しいとき、嬉しいときはもちろん、つらいこともあたたかく見守り、励まして一緒に乗り越える大人の姿を描きました。
 
 そして、その「大切な人」の存在する世界は、その周りだけが平和でいれば良い、というものではなく、「地球全体が平和」であってこそ、安心できるのではないでしょうか。子どもにとっても、「生まれてきてくれてありがとう」と言われることで、自分が愛されていることを実感できるはずです。私にとっては、出会った全ての生徒たちにあててのメッセージです。彼らの未来が、明るいものであってほしいといつも願っています。そんな思いをこめて、書きました。

――――――――――――――――――――――――――――――――つきのみどり



 つきのさん、温かい思いの込められた詞とコメントをありがとうございました。僕の作ったデモ音源を聴いて頂き、そこから生まれてきたイメージを皆さんより寄せて頂くという今回の企画でありましたが、結果は僕の予想を遥かに超えて非常に沢山のメッセージをお寄せ頂き、心から感謝しております。皆さんの豊かな感性が僕への新たな刺激にもなって作品が完成へ向かっていきます。さてここからは再び僕のお仕事です。どんな楽曲になることか楽しみにしていて下さい。
| demo | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和栗卓也
デモ音源のイメージ 06:34
イメージとは違うと思いますが、
川島さんが描いた女性からのラブソングはどうでしょうか。
川島佑子になってみての歌詞を聴いてみたい感じです。変ですかね(笑)。

――――――――――――――――――――――――――――――さくら




 女性の視線で書く詞というアイディアは面白いよね。割りとそういうのも僕には合ってるような気がするし、実際、昔は他のアーティストさんのそういうタイプの楽曲をカヴァーしたこともあります。年配の方とカラオケへ行った時などではテレサ・テンさんの曲とかも歌うしさ。この曲で実現するかどうかは分からないけれど、きっと近いうちにそういう作品も聴いて頂けるような気がしてます。なんちゃって、実はもう既にひとつ書き上がってたりしてウィンク
| demo | comments(0) | trackbacks(1) | posted by 和栗卓也
デモ音源のイメージ 08:36
 明日(あした)へのパスポート捜しにいこう
 人はみな孤独な旅人

 暗闇の中迷い込んだ秘密のラビリンス
 昨日とは違う今日を生きているよ

 (truth) 真実の扉
 (call)  声を聴かせて

 見えない明日に閉ざされた
 一日だけのエトランゼ

 そばにいるよ 見守ってるよ
 君に贈る未来への招待状

 走り出した
 明日は待っている

             風に吹かれて




 “風に吹かれて”さん、ありがとうございます。SF的な雰囲気の詞から僕の中では「キャラメルボックス」の舞台がオーバーラップしました。ポッドキャスティングで公開中の「デモ音源」に対するイメージはホント十人十色ですね。皆さんのイメージに触発されて新たなイメージが生まれます。さて締め切りまであと二週間。またどんなイメージを寄せて頂けるのか楽しみです。写真は“LOVE”の別ヴァージョン。
| demo | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和栗卓也
デモ音源のイメージ 00:25
どこまでも続く大草原
吹き抜ける風
柔らかく降り注ぐ光
一人の少女が風とたわむれている

君の瞳の輝きをいつまでも守っていくよ
君は僕の希望の天使

此処に愛という名の花を咲かせよう
君の夢を僕らの祈りにかえて


 私たちが知っているモンゴルといえば、朝青龍をはじめとする力士や、チンギス・ハーン、遊牧民といったところでしょうか。しかし現在、モンゴルでは火力発電や家庭用燃料に石炭を使うため大気汚染がとても深刻な状況だとか・・・。また生活の格差が進み、−40゜Cにも下がる極寒の地でストリートチルドレンになり、命を落とす子が少なくないそうです。そんな悲しいドキュメンタリーを観ていたのですが、中に出てきた草原はとても美しく、子供たちの瞳はキラキラと輝いて、まるで「希望の地に舞い降りた天使たち」のように見えました。いつまでも希望の光を失わないように・・・。繊細なメロディの中にある力強さから草原の壮大さ、明日への希望を連想しました。

                                    火の女神



 “大草原”なかなか良い感じだと思います。皆さんのイメージが僕のメロディに羽根をつけます。そして僕のイメージも変化してゆきます。もしかすると最終的なアレンジは大幅に変わってしまうかもしれませんね。嬉しい誤算です。
| demo | comments(1) | trackbacks(0) | posted by 和栗卓也
デモ音源のイメージ 21:13
メッチャ天気のイイ休日
楽しみにしてた約束が急になくなっちゃったから
ひとり街に出てお茶しながら
特に今まで考えずにただ毎日過ごしてきた事とか
過去の恋愛と向き合えた1日・・・・。
昼から夕方くらいの時間みたいな感じに思ったさぁ〜

                                     JUNKO



 こういう軽いタッチも良い感じだね。いろんな人が自分の中に湧き上がったイメージを伝えてくれて僕はとても嬉しいです。折角なので、三月いっぱいまで皆さんからのイメージをのせたメールを待つことにしました。なので、ほんの一行でも良いので何か浮かんだならぜひ送って下さいね。そして四月中には僕が詞を完成させて、今度は僕から皆さんへ届けたいと思っています。もちろん曲としてね。
| demo | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和栗卓也
デモ音源のイメージ 14:14
平日の昼下がり、ちょっとおしゃれなカフェのオープンテラスで
大好きなchocolatを飲みながら
街行く人を見ながら少し贅沢な休日を楽しんでる。
楽しそうに寄り添って歩く恋人たちをみて、微笑ましく思いながら、自分と重ねてしまう。
今はもう終わってしまった恋。
ちょっと切ない気持ちが蘇ってきながらも、何だか懐かしい素敵な想い出。
さぁ、また素敵な明日を探しに行こう。

・・・こんなイメージです。

                                 千の風




 僕はオープン・カフェが好きです。春になったなら外の出されたチェアでのんびり寛ぎながらカプチーノを味わいたいと思います。でも寒い季節はやはりホット・チョコレートがお奨め。温もりのありがたさというものを身体と心で感じながら頂けちゃいます。道行く人たちの幸せそうな姿から元気をもらえたり・・・・と、オープン・カフェは僕にとって心豊かになれるとても素敵な場所。そこにいて目に映すこと、それはその時の自分の姿であったり、また自分が望む未来だったりするのかもしれませんね。
| demo | comments(1) | trackbacks(0) | posted by 和栗卓也
デモ音源のイメージ 16:00
 都会の喧騒の中、昔の恋人アニーホールに似た女(ひと)を見かけ、ふと目を止める。
 そして回想…
 〜あの頃の僕たちは夢ばかりを追いかけて傷つけ合ってしまったね。〜
 そしてあの頃の純粋な気持ちを取り戻し、
 ずるい大人になってしまった自分に別れを告げ再び雑踏の中に消えていく。

 ご存知ウッディ・アレンの映画「アニー・ホール」のその後というイメージです。
 実際の映画は皮肉っぽいし、再会してお互いの生き方を認め合うというラストだから、
 世界観ちょっと違うかもだけど…
 最初、具体的なストーリーが浮かんだのがだんだんプロットになってしまいました。
 普通逆だろっ!?その構成は…
 街角でふと懐かしいもの(人)、自然のもの、
 素朴なものを見たり触れたりしてピュアな気持ちを取り戻し、
 前向きな気持ちで再び自分の人生に戻っていく。

                                  コロ




 この世の中には、大人になってもピュアなままでいる人もきっといることでしょう。しかし大抵の大人は、自分に対しても、また自分以外の人に対しても心を欺き、時には何かのせいにし、誤魔化しながら生きている部分があるのだと感じています。一端、汚れてしまったものが元と同じ白さを取り戻すことはないかもしれません。でも過去の過ちを認め、頑なになりがちな心を少しずつでも砕きながら生きてゆく人の心は、いつしかその貴重な体験の中で新たな自分だけの色を得、命を輝かせながら歩んでゆくものなのだと僕は感じています。ですから過ちが必ずしもマイナスなことなどとは考えたりしません。むしろそこから始まる心の旅が、自分を、そして誰かを活かしてゆく基礎になってゆくのだと信じています。それこそが僕の思う“美しい人生”。
| demo | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和栗卓也
デモ音源のイメージ 06:49
 少々、長くなりますがこんな物語が浮かびました。

 僕は毎日、毎日必死に生きてる。
 仕事も家庭も頑張ってるつもりだ。
 だが、虚しくなる時がある。
 いつもなら一杯やってと思うところだが、ふと夜空を見上げた。
 オフィス街の夜空は星があまり綺麗に見えない。
 ふと思い立った。
 僕はあの公園に行こうと電車に乗った。
 暗い公園の遠くに波の音が聞こえる。
 空を見上げると満天の星。
 何故か涙が一筋頬を伝った。
 僕は海の方へ向かった。
 遠くに八景島。
 「泳いで行ってみるか」などとくだらない事を考える。
 僕はジャケットを脱ぎ捨て、海に走り出した。
 しばらく波と戯れた後に砂浜に座り込みまた空を見上げる。
 満天の星に海。
 何故か涙が止まらなくなった。
 声を殺してただただ泣いていた。

 私は毎日、毎日一生懸命やってる。
 でも主人は分かってくれない。
 家に居ても不機嫌でただ寝てばかり。
 そういえば会話もなくなった。
 寂しい気持ちになった。
 家事を終わらせ、夕飯の支度。
 今夜は真っ直ぐ帰ってくるのかしら。
 あれ?メール。
 「今夜も遅いから」一人寂しく食事。
 何か居た堪れなくなりあそこに行こうと電車に乗った。
 私は砂浜から見える八景島の夜景が好き。
 ホッとさせてくれる。
 何故か今夜は騒がしいな。
 砂浜へ行ったら主人が遊んでいた。
 とても寂しそうな顔で。
 座り込んだ主人にジャケットを取ってから近づいた。
 「あなた」と言ったら驚いた顔をして「なんで居るんだよ」
 主人の涙顔は分かった。
 そっと肩からジャケットをかけ、「此処は最初にデートをした場所ね」
 そして主人を胸に抱きしめ、「たくさん涙を流しちゃいなさいよ」

 僕は妻の一言で子供のように泣いた。
 声を上げ、しゃくるように。
 まるで母親の胸で泣いたような感じだった。
 「こいつ、こんなにあったかかったかな」それでも止まらぬ涙を妻にぶつけていた。

 主人は子供のようだった。
 そんな主人を愛したのよね。
 貴方、たまには愚痴をこぼしていいのよ。
 喧嘩もたくさんしたじゃない。
 それでもお互いこうして一緒にいるんだから。

 少し切ないメロディーに見えない絆を感じました。
 支えあえる関係と思ったら夫婦というものが浮かびました。
 このストーリーの中の二人は夫婦でありながらも、
 恋愛も、もっと広い愛情も持っているような気がします。

                                匿名希望




 八景島はとても素敵な所ですね。写真は二年程前に訪れた時に撮ったもの。今回寄せて頂いた匿名希望さんのイメージはちょっと私小説なのかな。とてもリアルに伝わってきます。

 夫婦であれ、恋人同士であれ、まず基本は人間としての部分で繋がっています。ですから時に親友や同志という関係にもなれるということもまたとても素敵に感じられます。人と人はいろんな支え合い方があって良いものだと思いますし、それぞれの個性的で豊かな形態を他のそれと比べてみる必要などないことなのだとも思います。二人の間だけで成り立つ“特別”を感じる時、人は誰かがいることの有り難さを感じられ、また心からの素直な感謝が出来るものなのだと思うのです。そのきっかけを作ったものが孤独であったとしたならば、孤独を感じることに対しても僕は感謝を感じてしまうのです。
| demo | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和栗卓也
デモ音源のイメージ 05:37
Podcast毎回楽しく聴かせていただいてます。
私なりの音源のイメージをメールさせていただきますね。

気持ちが沈みがちで、少し背中を丸めて歩いていた時、
たとえば、ふと路の脇にたんぽぽを見つけ元気をもらっていくと言う感じです。
季節的には春から初夏にかけてのイメージです。

私は、普段なら見過ごしてしまうようなところで、
とても強く、元気に咲いてるたんぽぽが大好きです。
頑張る姿はいつも見守ってくれる誰かがいるよって教えてくれてるみたいに感じます。
枯れる事なく冠毛になって、
風に乗ってまた新しい命がどんどん生まれるなんて素晴らしいと思いませんか?
ごめんなさい、音源のイメージには関係ないですね。

最近、悲しいニュースが多いので、
川島さんから生きる事の喜びを伝えて欲しい願望が入ってしまいました。

これからもt's my melody楽しみにしています。

                                kiiroihana





kiiroihanaさん、ありがとう。以前にブログのcomment欄に書き込んで頂いた事がありましたね。

 僕は花の写真を撮るのが好きです。花に顔を寄せるとその中に“宇宙”があることに気づきます。春の風に“たんぽぽ”の綿帽子が飛んでゆく様子はまるで“希望”そのものですね。
| demo | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和栗卓也
デモ音源のイメージ 00:08
 僕の中に思い浮かんだ光景は東京タワーの見える雑踏。
 あとは、電車の窓越しに見える流れる景色。
 その中に川が見えたりもします。荒川とか。
 カフェの窓越しに主人公が肘をついて考え事をしているとか。
 歩きながらも、地に足が着いていない思い悩んでいる姿から
 最後には何かと答えを見つけ力強く歩く姿が出てきました。

                                   dai_JIRO_




 僕は東京生まれです。でも夜に映える“東京タワー”の姿はいつ観てもとてもロマンティックに感じます。今では何処の都市へ行っても高層ビル群の風景など当り前なのだけれど、当然のことながら“東京タワー”は東京だけにしかないのです。視界のほんの片隅にでもひと度“東京タワー”の姿が入ってくると僕はホッとします。何故だろうとふと考えてみました。そこで気付いたことがあります。ここ半世紀の間に東京という都市はタワーの建設を足掛かりにして大きな発展を遂げてきたわけですが、その間“東京タワー”の姿はほとんどと云って良い程変わっていません。つまり、周りの様子がどれだけ変わっても中には変わらないものもあるのだということを無意識のうちに感じ、僕の心は安らぎを覚えるのかもしれません。そんなことを考えていたら久しぶりにすぐ近くで“東京タワー”を観たい気分になりました。その脚元から見上げた姿からは不思議と勇気も沸いてきます。
| demo | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和栗卓也
| 1/2 | >>